大幅なイメチェンとは

>

床や畳のリフォームとは

この記事をシェアする

瑕疵保険とは何か

リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム後の検査を専門の人にしてもらい、万が一に備えて保証してくれる保険です。
リフォームの内容によって保険の金額も変わってしまいますし、リフォームとは別の料金になります。
そのためどんなリフォームをするのかによって、相場の金額も把握しておく事をおススメします。
リフォーム会社を探す際にも、瑕疵保険に加入されているかどうかで、信頼できる会社かどうかを見極める事ができるのではないでしょうか。
また工事の途中検査もしてくれるため安心して任せられますし、建築士資格のある専門家に検査をしてもらう事でずさんな工事をされるのではないかと不安になる事も減ります。リフォームで失敗したくないと保険に入られる方が多い為、リフォームをする際にはぜひ検討してみて下さい。

瑕疵保険のメリットやデメリット

リフォームをする際に瑕疵保険に入る事でどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのかをご紹介いたします。
まずメリットですが、建築士資格のある専門家による欠陥工事などを調べてくれる、検査をしてくれる安心感が一番のメリットかと思います。
また後から見つかる欠陥は素人が見てもわからないものです。そんな不安の中、工事中の途中検査も行ってくれるので、失敗しない方法と言えるでしょう。
また、工事中に業者が倒産してしまった時の保証があるのも一番のメリットだと言えます。次にデメリットですが、耐震などの改修工事が必要になり追加工事で費用が増える可能性があるのと、途中検査やリフォーム後の検査もある事で期間が伸びてしまうのが一番のデメリットな気がします。また、瑕疵保険に加入しているのに保証されない項目もあるため注意点でもあります。